愚痴ばかり言って何も変わろうとしない人たちの詳細

> 愚痴ばかり言って何も変わろうとしない人たち

愚痴ばかり言って何も変わろうとしない人たち

愚痴ばかり言っていて、そして結局何も変えようとも、自分が変わろうともしない、いつ
も他人のせいにして、責任回避だけを考えている上司。

そんな人たちに囲まれていると自分のマインドもだんだん変わっていってしまうように
感じるときがあります。負け癖がついてしまったどこかのスポーツ球団のように、習慣
とは怖いものです。

これがエスカレートしていくとき、私は職場をやめたいと思うときがあります。

以前にこんなことがありました。私が直属の上司(主任レベル)に仕事の件である相談を
しました。その時は君の判断で好きにやっていいと言ってくれたのを覚えています。非常に
良いアイデアだったので、周囲の同僚からも好評でした。しかし2ヶ月位が経った後に、主任
が急に顔色を変えて文句を言い始めたのです。どうやらその主任のキャパシティを超えるよう
な話に及んだことで自己処理ができなくなったのでしょう。

この件はやはり無かったことにしようと。これを聞いて本当に情けない主任だなと思い、気持ちが
萎えてしまいました。せっかく良いアイデアが出ても、主任の考えている範囲を超えてしまうと
潰されてしまいます。それも利己的な理由で。せっかくの芽が潰されてしまう会社、というか科。

どうしてこんな人が主任なんだろうって思うと、変に年功序列な会社社会が出来上がっていることに
気がつきます。10年も20年も前から変わらない上司の能力。

自分の能力がこんなマインドの低い主任により潰されてしまうのかと考えると、もう転職したいと
思ってしまいますね。