ブラック企業は減るに越した事はないの詳細

> ブラック企業は減るに越した事はない

ブラック企業は減るに越した事はない

ブラック企業と呼ばれるようなところではもちろん働きたくはないですが、同じ企業でも人によってブラック企業だと思えばそうでないと思う人もいるように思います。なので一口にブラック企業と言っても、はっきりとこの企業がそうだと言い切るのは難しいような気がします。
例えば残業代がまったくでなかったり、厳しい労働環境などはどんな企業でも多かれ少なかれありそうなので、一言で言い表すのは難しいなと思います。
とはいえあまりにも従業員の事を考えてくれない企業は、ブラック企業と呼んでも良いように思います。従業員をこき使い、従業員の不満がどんどん溜まってくると結局仕事の効率にも影響が出始めてきて、その企業の先は明るくないと思うので、いつか企業が破綻してくるのではないかと感じます。
なのでそういった従業員を第一に考えず、先のことを見通せていない起業こそがブラック企業ではないでしょうか。
私だったらそんな企業では働きたくはありませんし、多少サービス残業などはあったりするのは我慢できますが、それも従業員のことをないがしろにしているのであれば耐えられないと思います。
またブラック企業というと、上に立つものだけが甘い汁を吸っているといったイメージもあります。企業全体で頑張るのではなく、下にいるものだけが頑張って、上にいるものはそれを搾取していくといった風なマイナスイメージです。
なのでブラック企業と呼ばれるようなところは、減るに越した事はないと思います。